Amazonギフト券詐欺被害にあった体験談!手口と対策とは

大手ECサイトであるAmazonが発行しているAmazonギフトカードは、買い物やプレゼントにも使えてとても便利ですが、その利便性を利用した詐欺が近年増えています。

Amazonギフトカード買取サイトで売買する人も増えているそうですが、詐欺被害に遭わないように注意が必要です。

そんなAmazonギフト券詐欺の実態について解説します。

Amazonギフト券詐欺の被害に遭った人の口コミを紹介

・UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2022
fiesta in chaos Zepp yokohama公演のチケット個人間譲渡で詐欺被害に遭いました。
Amazonギフトカードのコードとチケット発券番号の交換という内容でしたが、コードを送ったあと連絡が途絶えました。使用済みの確認も取れています。
引用元:https://twitter.com/sagi_fuck_you/status/1590697483398950912

私は詐欺被害者です。
Amazonギフト券をチャージしてしまうと現金化できず、泣く泣くAmazon内で販売されている商品を購入しました。グラボはアマゾンで買うなっ!絶対にだっ!
引用元:https://twitter.com/Uimasu_KanoFPS/status/1461884369967013905

中学生の息子がSNSで、知らない人にAmazonギフト5,000円分騙し取られてた… 息子の財布に入ってたレシートで発覚…
携帯持たせる時にも持たせてからも何度も注意喚起してたのに…
めちゃくちゃ悔しくて腹立たしい…
引用元:https://twitter.com/322Ne/status/1520586187538243589

コードを送るだけで取り引きが成立し、現金化もしやすいAmazonギフトカードは、特にネット上での取り引きで詐欺に遭いやすく、相手の姿も見えないだけに実態がわかりにくい不気味さが感じられます。

また子供が親に知られないうちに被害に遭ったというケースもあり、とにかく慎重な行動が必要であることがうかがえます。

Amazonギフト券詐欺の手口を解説!

架空請求詐欺

架空請求詐欺はまずAmazonなど、有名な企業を装ったメールなどから、実際には利用していないものの料金を請求されます。

つまりこのメール自体も、メールの送り主も偽物です。

しかし例えば料金の延滞など、本人に少しでも心当たりがあると信じてしまい、記載されている連絡先などに電話をして事情を聴こうとしてしまう人もいます。

そうした人に対してAmazonギフトカードでの払い込みを指示して、支払番号を盗み取っていく手法です。

出会い系詐欺

出会い系サイトやマッチングアプリで出会った異性と何度かやり取りをした後、何とか会える約束は取り付けたものの、そのための費用としてAmazonギフトカードが請求されるケースです。

ネット上で取り引きができるので、会う前からお金を渡せてしまうところがポイントで、払い込んだ後はもちろん音信不通となってしまいます。

こうした相手は最初から付き合うつもりはなく、詐欺に引っ掛かりやすそうな相手を物色しているということがほとんどです。

偽サイト詐欺

Amazonのような偽のオンラインショップを作っておき、そこで商品を購入する人がいたら、Amazonギフトカードなどのコードで支払うことを求めて、代金を手に入れる詐欺です。

もちろん商品は送られてきません。

Amazonなど大手を装った偽サイトが長期間放置されることは監視もあるのでまずありませんが、あまり聞いたことのないサイトでかなりお得な価格設定がされていたり、購入方法に違和感を覚えるようならば注意が必要です。

Amazonギフト券詐欺で被害に遭った際にするべきことは?

警察に相談する

自分自身も失敗したという負い目があって警察に相談できないという人もいますが、詐欺は立派な犯罪です。

治安のためにも被害に遭った際にはすぐ警察に相談しましょう。

近年ネットを利用した犯罪は急速な増加傾向にあり、警察でも専用の窓口を設けていることが多くあります。

たとえ少額でも被害に遭った際にはまず警察に相談しましょう。

Amazonに通報する

Amazonギフトカードを利用した詐欺の場合は、Amazonに連絡することもおすすめします。

まだ決済が終わっていない場合には利用をストップさせることも可能ですし、詐欺側のアカウントを停止したり、そこから貴重な詐欺の情報が得られることもあります。

Amazonでは不正防止のために24時間体制でモニタリングしているため、通報があれば早めの対応も可能です。

クレジットカード会社や銀行にも連絡を取ってみる

クレジットカードなどを利用してAmazonギフトカードを購入している場合、詐欺の被害者であれば利用額が保証されるというケースもあり得なくはないです。

ただしこうしたケースはクレジットカードそのものが盗まれるなど直接的な被害に遭った場合で、自身の意志でAmazonギフトカードを購入している場合には難しいかもしれませんが、連絡してみる価値はあるでしょう。

Amazonギフト券詐欺に遭わないための対策

Amazonギフトカードのコードを聞かれても答えない

ギフトカード詐欺が横行する背景には、コード番号さえ手に入れてしまえば簡単に決済出来てしまうという手軽さにあります。

しかし逆に考えればコードさえ知られなければ、どれだけ詐欺に騙されている段階でも、お金を騙し取られることはありません。

もしもコードを聞かれた場合には慎重に、相手が本気で信用できるかどうか一呼吸置いて考えるようにしましょう。

詐欺の手口を事前に知っておく

ここでも解説したように、詐欺の手口は多種多様で、常に進化し続けています。

しかし基本はどれもAmazonギフトカードのコードを入手することが最終目的であり、そこへ持っていくための手口です。

なのでどのような手法で相手が近づいてくるのか、聞き出す方法などを事前に知っていれば対処もしやすいでしょう。

常に新しい情報をチェックしておくことが大切です。

セキュリティソフトを利用する

ネットを利用した詐欺の手法には、圧縮ファイルやアプリケーションを開かせてウィルスに感染させるというものもあります。

そうした危険にはウィルス対策ソフトをインストールしておくことで対処できます。

またセキュリティソフトは偽サイトなども検知するので、危険から遠ざかるためには有効な手段と言えるでしょう。

Amazonギフト券詐欺のまとめ

Amazonギフトカードはその決済の手軽さが魅力の一つで、流通するルートも幅広い商品です。

それだけにその手軽さを利用した詐欺も多く、被害に遭わないためには自衛することが大切です。

常に情報をチェックして注意するようにしてください。

  • この記事を書いた人
金田

金田 俊子

お金に困った時に役立つ情報配信しています。急な出費で現金化が必要。そんな時にお役立てくださいね