Appleギフトカード(iTunesカード)の種類!買取可能なタイプとは

Appleギフトカード(iTunesカード)は、Apple製品やサービスの購入に利用できるギフトカードです。

カードタイプとコードタイプの2種類があり、金額は固定タイプとバリアブルタイプの2種類があります。

この記事では、Appleギフトカードの種類について詳しく解説し、買取可能なタイプについても紹介します。

Appleギフトカードを買取してもらいたい方や、Apple製品やサービスを買いたい方など、ぜひ最後まで読んでみてください。

買取ボブ

買取ボブ振込手数料は無料!トップクラスの高額買取!最短30分のスピード振込!

公式サイトを見る

買取ヤイバ

買取ヤイバ業界トップクラスの買取率!365日24時間営業!最短15分WEB完結!

公式サイトを見る

アマトレード

アマトレード振込手数料が0円で買取可能!創業20年の信頼と実績が熱い!

公式サイトを見る

Appleギフトカード(iTunesカード)の種類は2つ

Appleギフトカード(iTunesカード)の種類は、大きく分けて以下の2つです。

  • カードタイプ
  • コードタイプ

カードタイプ

カードタイプは、紙製のカードに金額が印刷されたもので、コンビニや家電量販店などの実店舗で購入することができます。

カードの裏面には、16桁のコードが記載されています。このコードをApple Store、App Store、iTunes StoreなどのAppleのサービスで入力することで、ギフトカードの残高を利用するすることができます。

カードタイプには、金額固定タイプとバリアブルタイプの2種類があります。

金額固定タイプは、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、30,000円、50,000円の8種類の金額で販売されています。

バリアブルタイプは、1,000円単位で自由に金額を指定することができます。

コードタイプ

コードタイプは、16桁のコードが記載されたもので、Appleのウェブサイトやアプリで購入することができます。

コードタイプは、金額固定タイプとバリアブルタイプの2種類があります。

金額固定タイプは、カードタイプと同じく、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、30,000円、50,000円の8種類の金額で販売されています。

バリアブルタイプは、カードタイプと同じく、1,000円単位で自由に金額を指定することができます。

Appleギフトカード(iTunesカード)の主な使い道

iTuneseカード(アップルギフト)の使い道おすすめ10選

続きを見る

カードタイプとコードタイプの違い

カードタイプとコードタイプの主な違いは、購入場所と形状です。カードタイプは実店舗で購入でき、コードタイプはウェブサイトやアプリで購入できます。

また、カードタイプは紙製のカードですが、コードタイプは16桁のコードのみです。

どちらのタイプを選ぶかは、購入者の好みや用途によって異なります。

実店舗で購入したい場合はカードタイプ、ウェブサイトやアプリで購入したい場合はコードタイプを選ぶとよいでしょう。

買取可能なAppleギフトカード(iTunesカード)とは

買取可能なAppleギフトカードは、以下の2つの条件を満たすものです。

  • 未使用であること
  • 有効期限内であること

未使用とは、Apple StoreやApp Store、iTunes StoreなどのAppleのサービスで利用されていないことを指します。有効期限内とは、発行日から1年間の有効期限内のことを指します。

また、買取業者によっては、以下の条件を加えている場合もあります。

  • カードの状態が良好であること
  • カードの表面にシリアルナンバーが記載されていること

カードの状態が良好とは、汚れや破損がないことを指します。シリアルナンバーが記載されているとは、カードの裏面に記載されている16桁のコードのことを指します。

買取業者によって、買取率や手数料は異なります。複数の業者を比較して、より高額で買取してくれる業者を選ぶとよいでしょう。

Appleギフト(iTunesカード)高価買取おすすめランキング【_y_年_m_月】

Appleギフト(iTunesカード)高価買取おすすめランキング【2024年6月】

続きを見る

使わないAppleギフトカード(iTunesカード)は現金に換える

Appleギフトカード(iTunesカード)は、App Store やiTunes Storeなどで使用できる、ギフトカードです。

スマホアプリ(ゲーム)の購入や課金、Apple Musicで楽曲の購入、LINEのスタンプ購入など、幅広い用途があります

利用時は、カードのコードを入力、もしくはカメラでコード部分を読み取ることで、アカウントに登録可能。

Appleギフトカード(iTunesカード)自体に使用期限はありませんが、使用する予定がない場合は、現金に換えるのもこともできます。

次はAppleギフトカード(iTunesカード)を現金に換える方法を調べてみました。

まとめ

まとめると、Appleギフトカード(iTunesカード)は、Apple製品やサービスの購入に利用できる便利なギフトカードで、カードタイプとコードタイプの2種類があり、金額は固定タイプとバリアブルタイプの2種類があります。

買取可能なAppleギフトカードは、未使用で有効期限内のものです。また、買取業者によっては、カードの状態やシリアルナンバーの有無など、追加の条件を設けている場合があります。

Appleギフトカードを買取してもらいたい方は、買取業者の条件をよく確認してから、複数の業者を比較して高額買取を実現しましょう。

以上、[post_title]…でした。

  • この記事を書いた人
金田

金田 俊子

お金に困った時に役立つ情報配信しています。急な出費で現金化が必要。そんな時にお役立てくださいね