クオカードペイ現金化のやり方!換金率や注意点を解説

クオカードペイは、コンビニやスーパーなどで使える電子マネーです。しかし、残高が余ってしまった場合、現金化することもできます。

この記事では、クオカードペイの現金化方法や換金率、注意点を解説します。クオカードペイの現金化を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

クオカードペイを現金化ってできるの?

結論、クオカードペイの現金化は、買取サイトを利用することで可能となります。

しかし、クオカードペイはデジタルギフトなので、街中の金券ショップなどに持っていっても買い取ってもらうことはできません。

web上で全ての手続きが完了するオンラインサイトであれば、時間や場所を選ばずに申し込みが可能で、買取金額は口座に直接振り込んでもらえます。

クオカードペイを現金化する手順!方法を解説

step
1
公式サイトから申し込み

最初に利用する買取サイトへアクセスし、次にサイト内にある専用フォームから申し込みの手続きを行いましょう。

専用フォームからの申し込みだけではなく、LINEでの申し込みに対応している業者もあります。

step
2
必要事項は間違いのないように入力する

買取サイトからの申し込み時には、口座番号やクオカードペイの番号などの入力が必要です。

必要事項が間違っていると、買い取ってもらえない、お金が振り込まれなかったなどのトラブルが起きるリスクがあります。

口座番号は間違いのないように確認し、クオカードペイの番号は入力ミスを防ぐためにコピー&ペーストで入力しましょう。

step
3
申し込み完了後は連絡が来るのを待つだけ

必要事項を入力して申し込みが完了したら、後は業者側から査定結果などの連絡が来るのを待つだけです。

査定結果に同意したら、指定した口座に買取金額が振り込まれるといった仕組みになっています。

お金に困って現金化したい時にクオカードペイ買取をおすすめする理由

家族や知人にバレずに現金化が可能

クオカードペイの買取を利用する際、電話やメールなどのやり取りのみで済むため、来店や郵送の必要はありません。

郵送物が送られてきた、買取店に出入りしているのを見られたといった理由で家族などにバレるリスクが低い現金化方法です。

またクレジットカード現金化のようにカード使用履歴が残るわけではないため、怪しまれるリスクが低いといった特徴もあげられます。

現金化までがスピーディー

買取サイトを利用した現金化は、24時間365日好きなタイミングで申し込んで利用可能です。

土日祝日や深夜であっても申し込みから振込まで10分以内で完了するケースもあるため、急いでお金が必要な方も利用しやすい仕組みです。

違法性はないので安心してクオカードペイ買取を利用しやすい

クオカードペイ買取は、所有している不要なものを買取業者に売っただけなので違法になることはありません。

現金化の方法としてクレジットカード現金化を選ぶ方もいますが、この方法はカード会社の利用規約に違反する行為です。

カード規約に違反することを知らずにクレジットカード現金化を利用すると、カードの利用停止などのペナルティが発生するリスクがあります。

ですがクオカードペイの買取なら違法性やカード規約に違反しているなどのリスクはないため、ペナルティを気にせず安心して利用できます。

買取サイトを利用してクオカードペイを現金化するメリット

高い換金率で現金化が可能

クオカードペイは、買取サイトを利用することで高い換金率で現金化が可能です。

利用する買取サイトごとに換金率は異なりますが、換金率の相場は80%前後です。

中には90%以上の換金率で現金化可能なサイトもあるため、高換金率というメリットを活かして現金化したいなら利用する買取サイト選びに注意しましょう。

場所を選ばずに申し込みが可能

買取サイトを利用する際、直接店舗へ来店する必要はありません。

パソコンやスマートフォンから申し込みが可能なサービスなので、場所を選ばず好きなところから申し込めます。

例えば外出先で急にお金が必要となった場合、スマートフォンからクオカードペイの買取を申し込んで現金を確保するといった形でも利用できます。

24時間いつでも利用可能

24時間好きなタイミングで申し込みができるのも、クオカードペイの現金化で買取サイトを利用するメリットの1つです。

土日祝日や深夜であっても申し込みが可能なので、利用したいと思ったタイミングで申し込めます。

また申し込みだけではなく、24時間365日体制で振り込みにも対応している業者もあります。

申し込みから1時間以内の振込に対応している業者も多いため、買取サイトを利用すると比較的短い時間でクオカードペイの現金化が可能です。

クオカードペイはどこで購入できるのか

クオカードペイはコンビニなどの店頭では販売されていないため、購入したい場合には公式のオンラインストアを利用しましょう。

購入前には会員登録が必要で、会員登録が完了すれば公式オンラインストアからクオカードペイを注文できます。

支払い方法は、銀行振込もしくはクレジットカード払いです。

注文から最短で当日に購入したクオカードペイを入手できます。

また購入時の額面は、50円から100,000円の範囲内であれば1円単位で設定可能です。

QUOカードPay買取を利用する際の注意点を確認しよう

詐欺やトラブルに注意しよう

悪質な買取サイトを選んでしまうと、クオカードペイの番号だけ盗られてお金が振り込まれない、もしくは個人情報が悪用されるといった詐欺やトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

リスクを避けるために、信頼して利用できる買取サイトを探すことが大切です。

信頼できるだけの情報が公開されているのか、相場より極端に高い換金率で集客をしていないかなどの点を確認し、安心して利用できる買取業者を利用しましょう。

振込まで時間がかかる場合もある

買取の申し込みは24時間対応でも、振込対応は平日の営業時間のみという業者もあります。

振込にかかる時間は買取サイトごとに異なるため、最短どのくらいで振り込まれるのか、振込が翌日以降になる可能性もあるのかといった点を確認してから利用する買取サイトを決めましょう。

QUOカードPayの買取におけるよくある質問

クオカードペイの有効期限はいつですか?

クオカードペイにおける有効期限は、発行日から最長で3年です。有効期限が過ぎているクオカードペイの買取は利用できないため注意が必要です。

レートは時期によって異なりますか?

クオカードペイの買取レートは、時期によって違いがあります。月初めや月末はレートが下がる傾向が見られます。

クオカードペイは買取時に振込手数料がかかりますか?

買取時における振込手数料の対応は、利用する買取サイトごとに異なります。振込手数料無料で利用できる業者もあれば、一部銀行への振込のみ有料といった対応をしている業者もあるため、申し込み前に確認が必要です。

土日祝でもすぐに入金してもらえますか?

土日祝日も含めて即入金してくれる業者もあれば、振込は平日の営業時間のみの対応としている業者もあります。買取サイトに振込対応時間に関する記載があるため、事前に確認しましょう。

どういう時に利用できるか?

使わないクオカードペイを処分したい時やすぐにお金が必要なタイミングなど、好きな時に利用可能です。24時間体制で申し込みが可能なので、時間を選ばずに買取サイトを利用できます。

買取に身分証明書は必要ですか?

クオカードペイの買取では、本人確認書類の提出が必要です。免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの写真を撮ってデータを送ることで、身分証明書の提出が行えます。

未成年でも利用可能ですか?

古物営業法と青少年保護育成法に定められているため、原則として未成年はクオカードペイの買取サイトを利用できません。ただし本人名義の金融口座を所有していて、親の同意書が提出できるなどの条件がそろっていれば、未成年でも利用できる場合があります。

QUOカードPayを現金化のまとめ

クオカードペイの現金化には、買取サイトを利用できます。

買取サイトは安全かつ高換金率で現金化が可能で、急いで現金が必要という方にも適しています。

また安心かつ安全に利用できるように、使用時の注意点やよくある質問なども事前に確認しておきましょう。

  • この記事を書いた人
金田

金田 俊子

お金に困った時に役立つ情報配信しています。急な出費で現金化が必要。そんな時にお役立てくださいね